>

幼児期にできる勉強嫌いにならない教育の方法

幼児期の勉強に対する接し方

さて、一番重要なお子様との幼児期の接し方ですが、お子様が興味を示したものに対して我々親も興味を持ち、一緒に接していくことが大事です。
理解者がいると子供は信頼による確信が生まれ、のびのびと興味を持ったことに向かっていくようになります。
するとお子様の脳はまるで砂が水を吸い込むようにどんどんと意識として興味を持ったことを吸収していきます。
そのスピードは我々成人をはるかにしのぐ速さで記憶され伸びていきます。
それによって幼児期の間に学ぶことに対して習慣付けができ、今後やってくる勉強に対する良好な興味へと繋がっていきます。
これは真にすばらしいことで、個人の差は出てきはするもののそういう環境に恵まれた子供は良質な知識を習得し、しっかりした意思を持った人間に成長していきます。

勉強が嫌いにならない取り組み法

そして最も重要なことは幼児期にいかに後に勉強が嫌いにならないよう良いイメージを持ってもらうかです。
そのためにはお子さんの興味の対象をいかに伸ばしてあげるかにかかっています。
まずお子さんが良いと思って興味を持ったら耳を傾けてあげましょう。
そしてお子さんが興味を持ったことが理解できたら、言葉でほめてあげましょう、人はほめると伸びる生きものです。
それからはその対象がどんどん広がっていくように伸ばしてあげましょう、木が枝を広げて大きく育つように興味の枝をどんどん伸ばしてあげましょう。
そうすると幼児期の間に考えることが習慣付き、成長していったときに勉強に対する悪いイメージを持たなくてすむようになります。
そうすれば、学校に後に通うようになっても勉強嫌いにならずにすむことでしょう。
幼児期からお子様と真摯に向き合い、勉強が楽しくなる家庭環境を作っていきましょう。


この記事をシェアする