>

幼児期に勉強の癖をつける重要性

子供の成長に合わせた勉強への下準備

幼児期から保育園、幼稚園、そして学校へ通い始めるまでこの間にどういった準備を我々は進めていったらよいのでしょうか。
これは教育の方針によっても異なってきますね。
現在、幼稚園からお受験のある時代です、義務教育として普通に素直に勉強に触れていくのか、英才教育として受験をしてでも1ランク上の教育を受けさせるのか、我々親としても悩ましい事柄ではあります。
いずれにしてもお子さんには勉強を好きになってほしいですし、苦しいよりは楽しく学びというものに触れてほしいものだとつくずく思います。
そのためには家庭内の環境作りをしっかり整えていかねばならないと思います。
オープンで明るく、お子様がのびのびできる環境というのは何物にも変えがたい条件ですね。

幼児期にどういう取り組みをしていくか

環境を整えたら次に我々親の心の持ち方をしっかり考えましょう。
お子様に真摯に毎日接していけば、その情熱はお子様自身が受け止めていきますし、のびのびとお子様は成長していきます。
するとおのずから周りに対する興味が生まれ、それがひいては勉強することに繋がっていくのです。
この環境が幼児期から継続していけばお子様の知識欲は非常に高いものになって行きますし、楽しんで勉強に向かっていくようになるでしょう。
そしてそれが家庭そのものの雰囲気作りに繋がっていき、いつでもお子様が学びに興味をもてる環境が出来上がっていくのです。
それができている家庭のお子様の成長の伸びはそれができていない環境よりはるかに伸びしろのたかいものになるでしょう。


この記事をシェアする